ラクトフェリン専科のこだわり [NAME] 様
保有ポイント確認
カートの中を見る

もっと知りたいラクトフェリン 初めての方へ
3つの特徴 腸溶性ラクトフェリンの本家本元 多数の病院で導入実績あり 特許に裏づけされた技術力
よくあるご質問
お客様の声
ご購入状況
お電話でのお問い合わせ・ご注文は044-850-9761
メールでのお問い合わせ FAXでのご注文
 

今すぐ気をつけたいメタボリック症候群

今すぐ気をつけたいメタボリック症候群

「お腹がポッコリしてきた」「ズボンのウエストがきつく感じる」ということはありませんか。

それはメタボリック症候群のサインかもしれません。メタボリック症候群は内臓に脂肪が溜まることで起こり、放置すると命にかかわることもあります。

今すぐ正しい知識を身につけて予防しましょう。

命にかかわるメタボリック症候群

厚生労働省の調査によると、40〜74歳では男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群の該当者または予備軍といわれています。

メタボリック症候群とは、内臓脂肪型肥満に加えて高血糖や高血圧、脂質異常などの問題を抱えた状態のことです。 それぞれの症状が重なると動脈硬化のリスクが高まり、命にかかわる病気を招くおそれがあります。

あらゆる生活習慣病の中でも、メタボリック症候群は命にかかわる可能性があるので、特に注意が必要です。

内臓脂肪は見た目では分からない

メタボリック症候群は内臓に脂肪がついた状態のことですが、内臓脂肪は皮下脂肪と違って、外見から分かるものではありません。一見痩せているように見えても、お腹まわりだけが太くなる場合もあります。

見た目はスリムでも実は内臓に脂肪が溜まっており、生活習慣病の一歩手前というケースも少なくありません。これが、いわゆる隠れ肥満の状態です。
高血圧や動脈硬化にかかるリスクが高くなりますので、体型だけで判断しないことが大切です。

肥満対策として

肥満対策として

メタボリック症候群を予防するには、生活習慣を見直して内臓脂肪を減らす必要があります。食生活を改善し、運動する習慣をつけましょう。

食事では、特に食物繊維やビタミンを意識して摂取することが大切です。食事制限だけでは筋力が落ちて太りやすくなるため、適度な運動を行うことも心がけてください。食事と運動は、アンチエイジング口内環境正常化の観点から見ても大切です。
また、ラクトフェリンなどのサプリメントも美容・健康のサポートとして摂取してみてはいかがでしょうか。

サプリメントなら毎日の食生活で手軽に摂取でき、普段の食生活で摂取しづらい栄養素も簡単に摂取することが可能です。

当社では、腸まで届くラクトフェリンを販売しています。
サプリメントは病院で多くの導入実績があり、品質面も安心です。生理作用を長く実感していただくため、通販では定期販売を行っています。特許に裏付けされた技術力から生まれたラクトフェリンを、ぜひ一度お試しください。