ラクトフェリン専科
 

気になる口臭は唾液でコントロール

気になる口臭は唾液でコントロール

人と会話をするときに自分の口臭が気になった経験は、誰にでもあると思います。
その口臭は、唾液が大きく関係していることをご存知でしょうか。
口臭の原因と対処法についてご紹介します。

口臭の原因は唾液にあり

口臭には、飲食物による口臭、ストレスによる口臭、歯周病・むし歯・歯石による口臭など様々な原因があります。中でも特に多いのが、唾液分泌量の減少による口臭。唾液は口臭予防において、とても大切なものです。

細菌の増殖を抑え、口の中を洗い流して清潔に保ち、粘膜を保護する作用があります。
唾液の分泌が少なくなると口内環境が悪化し、むし歯や歯槽膿漏になったり、口の中が乾燥して口臭が発生しやすくなります。
また、口臭は生活リズムで変化し、朝起きたときや空腹時など、唾液の分泌が少ない時間帯に強くなります。

ストレスが溜まったとき、緊張したときにも口臭が発生しやすいので、気をつけたいものです。

唾液を増やす3つの方法

唾液を増やすために、今日からすぐにできる3つの方法をお伝えします。

■ こまめに水分補給

唾液は1日で約1.5〜2リットル分泌されるため、多くの水分を必要とします。水分補給をこまめに行い、口の中を潤して唾液の分泌をスムーズにしましょう。

■ 食べ物をよく噛む

食べ物をしっかり噛むと唾液腺が刺激されて、唾液の分泌量を増やすことができます。

■ 唾液腺マッサージ

唾液腺には、耳下腺(じかせん)・顎下腺(がくかせん)・舌下腺(ぜっかせん)の3つのポイントがあり、マッサージすると唾液の分泌が促されます。指を使って痛くない程度にやさしく押すと良いでしょう。

ラクトフェリンでいつでも口内ケア

唾液を増やす方法として、最近注目されているのがラクトフェリンの生理作用です。
ラクトフェリンは母乳に多く含まれる成分ですが、実は母乳以外にも唾液や涙、胆汁など、体の外分泌液にも含まれています。つまり唾液中のラクトフェリンを増やせば、口内環境を整えることが期待できるのです。

口臭対策におけるラクトフェリンの有効性については、現在でも多くの研究が進められています。このラクトフェリンの魅力は、いつでも簡単に摂取できること。臭いが気になったとき、すぐに歯磨きできる環境があるとは限りません。
サプリメントなら手軽に持ち運べて、いつでも摂取できるのでとても便利です。

当社では、原料から自社で買付し、GMP認定工場で国内生産したラクトフェリンを販売しています。

充実した研究機関で専門スタッフが研究を積み重ね、腸溶性の特許を取得しました。お子様からご年配の方まで、安心してご利用いただける高品質国産ラクトフェリンをお届けします。
当社の国産ラクトフェリンを、お口のエチケットにお役立てください。