ラクトフェリン専科
 

ラクトフェリンが腸に届くまで

ラクトフェリンが腸に届くまで

アンチエイジング免疫促進口内環境正常化の分野が多くの方から注目を集めています。
理由として、これらの分野が美容・健康に大きく関わってくるからです。
こちらでは、美容・健康のサポートに活躍するラクトフェリンを、腸まで届けるにはどうすれば良いのかご紹介します。

ラクトフェリンが腸に届くまでには、実は大変な道のりがあるのです。

乳製品で補うのは難しい

乳製品で補うのは難しい 健康・美容の分野で注目されるラクトフェリンは、できるだけ効率よく摂取したいものです。摂取しようと決めたら、まず思い浮かぶのが乳製品ではないでしょうか。

ラクトフェリンは乳に含まれる成分なので、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品からも摂取することはできます。サプリメントよりも、身近な乳製品で摂取したほうが効率的では?という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし残念なことに、店頭に並んでいる乳製品からラクトフェリンを摂取することは難しいのです。それはラクトフェリンに、ある弱点が存在するからです。

ラクトフェリンの弱点とは

ラクトフェリンの弱点は2つあります。

1つは熱に弱いことです。多くの乳製品は高温殺菌した上で販売されるため、ラクトフェリンの生理作用が失われている可能性が高いです。高温殺菌されていない生乳やナチュラルチーズなら問題なさそうですが、それでも必要十分な量を摂取できるとはいえません。

理由はラクトフェリンのもう1つの弱点である、酸に弱いという点からです。口からラクトフェリンを摂取すると、胃の中にある酸やたんぱく質分解酵素によって分解されてしまいます。胃で分解されたラクトフェリンは、腸まできちんと届かずに本来の機能を発揮することができません。ラクトフェリンを乳製品で補うのは、とても難しいことなのです。

腸溶性ラクトフェリンならしっかり届く

腸溶性ラクトフェリンならしっかり届く

では、体外からラクトフェリンを補うのは不可能なのかというと、そうではありません。腸溶性ラクトフェリンなら、本来の作用を失わずに摂取することができます。

腸溶性とは、ラクトフェリンが胃では溶けずに腸まで届く仕組みが施されているということです。腸溶性ではないラクトフェリンも数多く出回っていますが、ラクトフェリンをしっかり吸収するには、腸溶性であることは大切なポイントです。

商品選びに迷ったら、腸まで直接届く腸溶性ラクトフェリンを選びましょう。
また、ラクトフェリンの持続時間は24時間以内とされているので、1日に1回は摂取が必要です。

当社は独自の技術で特許を取得し、腸までしっかり届く腸溶性ラクトフェリンを販売しています。

原料から直接買い付けを行い、認定工場で安全性と品質にこだわった商品作りを行っています。安心・安全な商品をお届けできるよう、確かな技術力でご要望にお応えします。